舞鶴市立加佐中学校
新型コロナウイルス感染症について

 中華人民共和国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に係る、世界保健機構(WHO)の緊急事態宣言を受けて、感染症法により新型コロナウイルス感染症は「指定感染症」として定められました。(令和2年2月1日施行)

 「指定感染症」に定められると、「第1種感染症」とみなされ、出席停止の対象となります。

 今回の新型コロナウイルス感染症に関し、「学校保健安全法第19条による出席停止」 とする目安は以下のとおりです。
 ・ 風邪の症状や発熱が続く場合 (解熱剤を飲み続けなればならい場合も同様 )
 ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ、呼吸困難がある場合
 ・ 医療機関において 新型コロナ ウイルス に感染していると診断された場合
 等

 生徒が感染者の濃厚接触者に特定された場合について、出席停止措置をとる場合の基準は、感染者と最後に濃厚接触をした日から起算して2週間
とされています。
(児童生徒等に新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応について(第二報) 2月25日)
 
 

 ■舞鶴市 公式ホームページ
   
「新型コロナウイルス感染症についての注意喚起」



 ■文部科学省ホームページ
 
   「新型コロナウイルスに関連した
       感染症対策に関する対応について」


   「学校における新型コロナウイルスに
                        関連した感染症対策」




 ■内閣官房ホームページ

   「新型コロナウイルス感染症対応」

    

 ■厚生労働省ホームページ
   
「新型コロナウイルスに関するQ&A」