舞鶴市立加佐中学校

5月17日(月) サイバー犯罪防止教室

 京都府警サイバー犯罪対策課 ネットセキュリティ・サポートセンターからネット安心アドバイザーをお招きし、1・2年生が「サイバー犯罪防止教室」を受講しました。
 SNSなどのネット上に写真やコメントなどを掲載することで、個人が特定され、ストーカー被害などの犯罪に巻き込まれる場合があります。専用のアプリを使って、「写真の背景から所在地が特定される」ことや、「制服デザインから学校が特定される」ことなどを学びました。

 ネット上に投稿された情報は拡散すると回収・削除ができないので、子ども達がSNSを取り扱う場合は、様々な配慮が必要です。子ども達の多くは「まだSNSは使ったことがないけれど、気をつけなければならない。」との感想を述べましたが、なかには「自分も事例と同じような投稿をしていた。」と振り返る生徒もいました。
 IT技術が発達して便利になる一方で、犯罪も複雑・巧妙になります。今後も関係機関と連携して指導を進めていきます。




京都府警察本部サイバー犯罪対策課
「情報モラル自主学習教材」