舞鶴市立加佐中学校

10月10日(土)
 ユネスコ世界記憶遺産登録5周年記念「平和未来フォーラム」

 ユネスコ世界記憶遺産登録5周年を記念して、世界遺産登録の意義を振り返るとともに世界の恒久平和を願い、市民と未来を担う次世代が一緒に考える「平和未来フォーラム」が開催され、本校の生徒代表が参加しました。
 会場となった舞鶴市総合文化会館 大ホールでは、世界遺産登録後の5年間の様々な取組の紹介や、中学生・高校生による平和への取組などが発表されました。


開催趣旨 (舞鶴市HPより)

 ユネスコ世界記憶遺産登録を契機として、世界的に重要な資料の保存活用や次世代への継承事業を市と市民が協働し、有識者等の協力を得て進めてきた。
 本年は、登録5周年を迎える節目の年にあたることから、改めてその意義と今後の 方向性について考える。また、特に、若い世代が引き揚げの歴史を通して、平和や命の尊さ、人と人の結びつきの大切さなどへの関心を高めるよう、さまざまなアプローチで参画の機会を創出する。


https://m-hikiage-museum.jp/index.html   舞鶴引揚記念館